地域福祉活動

地域福祉活動

地域福祉活動計画
 住民の誰もが地域を大切にし「住みつづけたい」と思えるまちにしていくことが重要であると考え、基本理念は、第1次計画と同じ『こころ温かく支えあい 住みつづけたい 福祉のまち・くさつ』とし、基本目標を3つ掲げ、地域住民の皆さまと力をあわせて、地域福祉活動の推進に取り組みます。
 草津市社会福祉協議会では、平成28年度に第2次草津市地域福祉活動計画の検証を行い、平成29年度~平成33年度を期間とする「第3次地域福祉活動計画」を策定しました。

 さらに平成29年度からは、第3次地域福祉活動計画を着実に進めていくため、「地域福祉推進委員会」に「地域福祉活動計画策定委員会」としての機能も兼ね備え、計画や市社協の事業の進捗管理を行い、事業の深みや新規事業の発展へとつなげる場ともしています。

地域福祉活動支援強化事業のページへ
1.基本理念
第1 次計画および第2次計画からそのまま引き継ぎ、次のとおりとします。
 こころ温かく支えあい 住みつづけたい 福祉のまち・くさつ
2.基本目標
1)福祉の風土づくり
 子どもから高齢者まで一人ひとりが尊重され、くらしの課題を他人ごととしない福祉の風土をつくるため、地域福祉活動の魅力を広く広報し、住民への啓発に取り組みます。

2)住民主体の活動づくり
 くらしの課題を共有し、解決に向けての地域福祉力向上を図るため、人づくりとその人を支援する体制をつくります。

3)絆をつむぐまちづくり
 住民どうしがふれあい、いきいきと楽しく活動するボランティアの輪を広め、絆をつむぐことができる地域をつくります。

関連する計画
■学区・区社会福祉協議会 住民福祉活動計画
 平成20年度から3カ年かけて、13学区・区社協(老上西を除く)で「住民福祉活動計画」を策定してきました。現在、この計画をもとに事業を進め、第2次草津市地域福祉活動計画の基本理念である「心温かく支えあい、住みつづけたい福祉のまち・くさつ」を目指し、住民の皆さまが自主的に活動を推進しています。

© 2018 Kusatsu City Council of Social Welfare All Rights Reserved.

Page Top